1. HOME
  2. PRESS RELEASE
  3. 創業100年の町工場と佐賀大学の共同開発!産後ママの痛みを予防する、腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱ

PRESS RELEASE

創業100年の町工場と佐賀大学の共同開発!産後ママの痛みを予防する、腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱ

このたび、佐賀県からイイダ靴下㈱が、佐賀大学医学部看護学科の佐藤珠美教授との共同研究開発で、産後の女性に多く見られる腱鞘炎を予防する「腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱ(アイツー)」を、創業100年からの新たなWEBマーケティング展開として、クラウドファンディングによる予約販売を開始したのでお知らせする。この起案は 『我慢しないで!腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱ 創業100年の町工場と佐賀大学の共同開発』である。(https://crafun.jp/projects/view/32:期間2019/6/7〜2019/7/7)
当社は、プロジェクト企画・ページの原稿執筆協力並びに動画制作・PRなど、プロジェクトを盛り上げるべく、イイダ靴下㈱と協業した。

産後腱鞘炎とは?

赤ちゃんの日々のお世話、抱っこや、授乳、オムツ交換で赤ちゃんのお尻を持ち上げたり、沐浴で赤ちゃんの頭を支えたり、着替えをさせるのに赤ちゃんの体を上げたり、産後、慣れない育児で手首にある筋肉と骨をつなぎとめる「腱」という部分を守っている腱鞘が炎症してしまい、関節が痛くなってしまう症状で、産後の手首の腱鞘炎は、産後1ヶ月に急増し、35%(初産では49%)、産後2ヵ月では育児中の痛みを自覚した人が半数を超えている。

腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱの5つの特徴
特徴は以下の通りで、つけることにより、腱鞘炎を予防する。
①親指の付け根付近をしっかり固定して、動かせる範囲を小さくする。
②斜めにカット(意匠登録申請済)して、親指以外の稼働を楽にする。
③手首部分を2重生地すること固定力を高める。この部分を補強する事で、前後、左右の動きにも対応出来る。
④固定力アップ装着として、テーピング部を中央付近までねじる事で、腱に沿ったテーピング位置になり着用効果が高まる。

リターンについて

支援者への返礼品には、腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱをはじめ、女性の身体のために開発した商品や、佐賀県の特産品・観光などを準備して、佐賀県の地方創生に取り組む。

①3,000円 腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱ 2個
②5,000円 腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱ 2個・着圧アームサポーター 2個
③10,000円 腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱ4個・骨盤ガードル1個・おやすみ着圧2個
④22,000円 腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱ4個・骨盤ガードル1個・おやすみ着圧2個・季楽佐賀牛ロースステーキ(2枚入り)
⑤100,000円 腱鞘炎手首サポーター i-Ⅱ4個・骨盤ガードル1個・おやすみ着圧2個・武雄温泉東洋館宿泊 1泊2名・深川佐賀牛鉄板焼き(ヒレorロース) 2名

※ クラファン®は当社が提唱するクラウドファンディングの略称である(商標登録済み
※ クラウドファンディングによる地方創生・企業へ導入・事例の取材などありましたらお問い合わせください。

【イイダ靴下株式会社】
佐賀県江北町に工場を構えて今年で創業100周年衣料品の製造、販売を手がけている。1919年奈良県御所市で創業し、靴下やタイツ、スパッツ、サポーターなどを主力商品として取り扱ってきた。1964年には江北町に佐賀工場を設立し、地元雇用にも貢献している。もので満たされた現代に、さらに高付加価値をうみだすため最前線の開発能力・顧客ニーズへの反応力向上により力を注ぎ底力のある輝けるメーカーであるとともに、関わるお客様と共に躍進続ける企業であるよう、日本のメーカーの誇りをもって、『もっと』喜ばれる製品づくりに努めている。
住所:佐賀県杵島郡江北町山口1619
代表取締役:飯田 拓二 創業年月 1919年8月10日
http://www.iida-socks.co.jp

【お問い合わせ先】
イイダ靴下株式会社
住所:佐賀県杵島郡江北町山口1619
担当者:佐竹
tel:0952-86-2253  mail:y.satake_5290@iida-socks.co.jp

PRESS RELEASE